GSTお得情報

銀座・有楽町の期間限定 耳寄りな情報を!

デル レイ 2011 バレンタイン限定コレクション

1/28(金)より発売                                    デル レイ

DEL REY バレンタインコレクション
日本上陸から7年目のバレンタインシーズンを迎えるデル レイ(東京銀座)、およびデルレイ カフェ&ショコラティエ(東京・表参道 / 福岡・天神)では、2011年1月28日(金)より2011年バレンタインシーズンの新作ショコラを発売。

今シーズンのバレンタイン限定コレクションは、“Diamant du Fruit (ディアマン デュ フリュイ)”。“フルーツのダイヤモンド”の意味を持ち、デルレイのアイコンであるダイヤモンドを中心に瑞々しいフルーツのフレーバーを閉じ込めた個性豊かなプラリーヌのコレクションです。ラズベリー、ストロベリーやパッションフルーツなど、新鮮な果実の風味を生かした個性的なフレーバーの数々を、デルレイ独特の伝統的なショコラの味わいを追求するレシピで仕上げ、ショコラとそれぞれのフレーバーの絶妙なバランスがお楽しみいただけます。

デルレイの日本イメージカラーである『シルバー』を基調に、バレンタインカラーのレッドをアクセントに加えたシックでクールな印象のバレンタイン限定ギフトボックスで、2、3、5、9、12、24個入りの6種を用意。価格は2個入り、800円〜。

 

DEL REY

中央区銀座5−9−19 銀座MCビル1階

TEL 03−3571−5200

営業時間 11:00−19:00 無休

2011 世界のアンティークウォッチ市

1/19(水)〜1/24(月)                           松屋銀座8階 大催場

アンティークからヴィンテージ・現行品まで取り揃えた時計の祭典「世界のアンティークウォッチ市」が、1/19(水)より松屋銀座にて開催。

2011世界のアンティークウォッチ市
男性に圧倒的な支持を受けている本催事ですが、最近では、女性も増加傾向にあり、アンティークウォッチに対する注目度は全体的に上がってきているようです。

会場では、オープニング初日のみの特別価格で提供する「オープニングサービス」や、女性に人気のアンティークウォッチを数量限定・特別価格で提供する「レディースセール」を1/22(土)15時から開催するほか、ウィークエンドには出店店舗から1万〜2万円クラスのお買い得品が登場する「ウィークエンドサービス」など様々なサービス企画でアンティークウォッチ市を盛り上げます。

出店店舗 20店舗

 

2011 世界のアンティークウォッチ市

会期 1/19(水)〜1/24(月) 最終日午後5時30分閉場

会場 松屋銀座8階 大催場

 

木田安彦展 ガラス絵の風景

開催中〜2011年1月13日(木)まで                  ノエビア銀座ギャラリー

木田安彦展
伝統風物の木版画等で知られる木田安彦氏は、約30年前からガラス絵の制作を始め、その魅力を「封じ込められた絵の具の色とその上に密着したガラスの煌めきが相まって見える美しさ」といいます。

透明な板ガラスの裏面に絵の具で描き、表の面から観賞する「ガラス絵」は、表から見た仕上がりを想定し、普通の絵とは逆の順序に絵の具を塗り重ねて完成します。木田氏が描く日本の花々や特色ある外国の風景、その煌めきの世界を、ぜひお楽しみください。

 

木田安彦 (きだ やすひこ)

1944年 京都に生まれる。1967年 京都教育大学特修美術科構成専攻卒業。1968年 同大学美術・工芸専攻科構成専攻退学。1970年 京都市立芸術大学美術専攻科(現大学院)デザイン専攻修了。東行、株式会社博報堂制作部に勤務。

1975年 帰洛、以後版画家として作家活動に専念しつつガラス絵、板絵、水墨、油彩、陶、書と多彩に領域を拡げ続ける。1977年 田中一光氏に見出されセゾングループのクリエィティブ・スタッフになる。以後2002年氏の逝去まで公私にわたり薫陶を受ける。

毎日商業デザイン賞、クリオ賞(米)、サロン・ドートンヌ、ル・サロン、サロン・ド・ナショナル・デ・ボザール(仏)、ラハティ国際ポスタービエンナーレ(芬)、世界ポスタートリエンナーレトヤマ入選。日経広告賞部門賞、日本雑誌広告賞金賞、SDA優秀賞、CSデザイン賞シルバークラウン賞、他多数を受賞。

2004年 第17回京都美術文化賞。2006年 平成17年度京都府文化賞功労賞。大英博物館に木版画16点収蔵。NHK 大河ドラマ「新撰組!」 タイトル版画制作。ニューヨークADC国際会員。

 

木田安彦展 ガラス絵の風景



会期 開催中〜2011年1月13日(木)

開催時間 午前10時〜午後6時 (土・日・祝日は午後5時まで)

会場 ノエビア銀座ギャラリー 入場無料 (株式会社ノエビア 銀座本社ビル 1F)

主催 株式会社ノエビア

協力 パナソニック電工 汐留ミュージアム