TOP > 銀座ニューオープン スウォッチ ブティック銀座

スイス時計産業の歴史と今を一堂に会す世界初のウォッチ・ランドマーク
ニコラス・G・ハイエックセンター
2007年5月24日(木)グランド・オープン

スウォッチ グループ社は2007年5月24日、銀座中央通りに、日本現地法人スウォッチ グループ ジャパン 株式会社の本社機能、7ブランドのブティック、カスタマーサービス、イベントホールを備えた新社屋、ニコラス・G・ハイエック センターをグランドオープンする。

世界的に注目され活躍中の建築家 坂 茂氏による建築設計の同ビルは、 1階から14階までが全開放可能なガラス製の外壁で、開放すると、銀座中央通りと裏通りを通り抜け出来る、時の道「アベニュー・ドゥ・タン」が出現。ニコラス・G・ハイエックセンターでブティック展開する7つのブランドのショールームが、ガラス張りの空間として存在し、すべてのブランドをエントランスにて一堂に会した空間となっている。

また、ショールーム自体が各ブランドブティックへと導くエレベーターとなっているので、お気に入りのブランドブティックへ直接向かうことができる。

展開ブランド
スウォッチ、 オメガ、ブレゲ、レオン・アト、 ブランパン、グラスヒュッテ、ジャケ・ドロー


ニコラス・G・ハイエック センター
オープン日時  2007年5月24日(木)11時 グランド・オープン

住所:中央区銀座7−9−18
(東京メトロ銀座駅 A3出口より徒歩5分)
営業時間: 11:00-20:00 (月〜土) 11:00-19:00 (日・祝)
定休日:不定休



Swatch 国内初の旗艦店 ”スウォッチ ブティック銀座”オープン記念
Swatch NICOLAS G.HAYEK CENTER TOKYO 2007
限定300本発売

 Nicolas G.Hayek Center,TOKYO
品番:SUMK103D 税込8,925円

 

 
スイスを代表する企業の一つでもあるスウォッチ グループの時計ブランド”スウォッチ”。その象徴ともいえる”スイスクロス”を時計デザインに採用したこのスペシャルモデルは、スウォッチ ブティック銀座でのみ販売される。

鮮やかな赤のシリコンラバーストラップにちりばめられた、大小さまざまな大きさの白と赤のクロス。スイス国旗を思わせるデザインは、スウォッチがまさに”SWISS MADE WATCH"であることを象徴している。

昨年6月の発売以来人気の"Jelly in Jelly"シリーズ をベースにしたモデルは、透明のプラスチックケースとムーブメントが見えるシースルーの文字盤が特徴的。ベルトと同色の赤で縁取りされた文字盤外周には、1〜12 時までのアラビア数字が刻まれ、高い視認性を実現。ステンレス・スチール製の時針・分針は、ホワイトスーパーライトのハイライト入り。赤の秒針がダイヤルデザインのポイントとなっている。バックルとループには透明プラスチックを採用し、2つのループには、それぞれ"Nicolas G.Hayek Center""Tokyo 2007"と今回の限定の証となる文字がプリントされている。コレクターのみならず、すべてのスウォッチ・ファンを魅了する、スペシャルな一本となるだろう。

スウォッチ グループ ジャパン株式会社 スウォッチ事業部
スウォチ・ライン TEL 03-3980-4007

 

All rights reserved,Copyright(C)2007, GINZA STREET